2018/11/11 「升田世喜男君を励ます会」で大竹進共同代表が挨拶

11月11日青森市で上記の会合が開催され、市民連合あおもりに招待状と壇上挨拶の要請がありました。市民連合あおもりからは大竹進・神田健策両共同代表、堀幸光幹事の3名が参加しました。参加者は約600人(主催者発表)でした。会合では、安住淳(衆議院議員・無所属)、内村隆志(連合青森会長)、田名部匡代(参議院議員・国民民主党県連代表)、山内崇(立憲民主党県連代表)、三上武志(社会民主党県連合代表)、続いて最後に大竹進(市民連合あおもり共同代表)が挨拶しました。以下、大竹代表の挨拶内容を掲載します。

 

升田世喜男さんを励ます会の開催、誠におめでとうございます。市民連合あおもりの共同代表の一人としてお祝い申し上げます。
昨年の総選挙で市民連合あおもりは誕生し、その後、今年に入って再スタートを切りました。先日開催された私どもの発足記念講演会では、各野党の皆様とともに升田世喜男さんにもご出席いただき、ご挨拶をいただきました。改めて御礼申し上げます。
市民連合あおもりは、「立憲主義に反する安保法制、秘密保護法、共謀罪の白紙撤回」、「安倍政権の改憲反対」など7つの政策を掲げて活動しています。来年は、選挙イヤーになります。県議選、知事選、そして5月の天皇即位に続いて7月には参議院選挙があります。私が安倍晋三君なら、7月の選挙は、参議院、総選挙、改憲国民投票のトリプル選挙にして自公で8割の議席、新しい時代の大政翼賛会を狙います。野党は、候補者がいない、まとまれない、お金がない、一方、自公は潤沢な資金があって、コマーシャルがやり放題、AKBとEXYLEが歌って踊って「改憲 yes!」というコマーシャルが、すでに完成しているはずです。新天皇即位後に、衆議院を解散し、改憲を発議し、7月にトリプル投票に持ち込めれば、自公が勝利できるというシナリオを描いているでしょう。
市民連合は、市民とすべての野党が共闘し、トリプル投票になっても勝利できる選挙戦をめざしています。市民と野党の共闘で安倍政権を打倒し、立憲主義を取り戻すことができるか、歴史的な転換点に立っています。しかし、市民と野党の共闘は簡単ではありません。私たちの共闘にくさびを打ち込みたい人がたくさんいます。どの野党が抜けても、升田世喜男さんが抜けても安倍政権を打倒はできません。細い針の穴に糸を通すくらい難しい活動になりますが、力を合わせ、心を一つにして共闘体制を作っていきたいと思います。すでに、市民連合と升田さんも入った全野党のメーリングリストが動いています。フットワークを軽くして新しい時代の選挙戦を作ります。
来年の選挙は、消費税と社会保障、憲法9条が大きなテーマになります。有権者に分かりやすい政策が大切です。市民と野党の共通の政策を作るため、一致点を一つでも見つけ、1㎜でも範囲を広がられるように、市民連合は提案していきます。青森の活動が全国のお手本なるように、全国の活動をリードできるように、「共闘体制を作りたい」と思いますので、引き続きコラボよろしくお願い申し上げます。共に頑張りましょう。

(文責 神田健策)

9.29市民連合あおもり発足記念永田浩三氏講演会の報告

市民連合あおもりは昨年の総選挙を前にした10月8日、野党統一の分断を許さず、市民と野党の協力・共闘を目指して県内有志で結成されました。その後、今年の7月4日、キック・オフ・ミーティングを開催するなど、①安全保障関連法の廃止、②立憲主義の回復、③個人の尊厳を擁護する政治の実現を目指す県内における「市民のプラットフォーム」になる活動を続けています。具体的には2016年7月の参議院青森選挙区において野党の統一候補、当時の民進党の田名部匡代さんの当選を勝ち得た成果を引継ぎ、野党と市民の共闘を発展させることが安倍政権打倒のために重要であると考えています。

今回の講演会は市民連合あおもりの発足記念として元NHKチーフ・プロデユーサーの永田浩三武蔵大学教授を招き、「メディアの何が問題か 市民は何が出来るか~歪むメディアと民主主義を考える~」と題して、お話をしてもらいました。

第一部は、講演に先立ち神田健策共同代表が「市民連合あおもりの結成経過と当面の課題」と題して冒頭挨拶。

続いて立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の県代表(代理朗読を含む)、無所属(元衆議院議員)の5人が出席し、市民連合あおもりの活動と役割への期待とともに連帯の挨拶が述べられました。

第二部の講演では、永田浩三教授は、かつてNHKの在職時に戦時の従軍慰安婦問題を扱った『ETV2001』のプロデユーサーでした。2005年、安倍晋三首相(当時は官房副長官)らが番組改変に圧力をかけた一連の経過について当事者として関わったこと。また、第二次安倍政権のもとで首相とその取り巻きによる放送界への圧力と忖度に走るメディア界の実態について豊富な事例をあげて説明し、権力監視の役割を果たさない今日のわが国のメディア界を批判しました。

その一方で権力と真っ向から闘い論陣を張るジャーナリストの活躍や憲法に謳われた表現や言論の自由を守る市民の取り組み(例えば、さいたま市公民館の9条俳句不掲載問題など)を紹介しました。そして9条の会の呼びかけ人の一人であった憲法学者の故奥平康弘氏が主張したように「言論の自由は私たちの不断の努力によって獲得され拡充されてゆく」ことを実践すること、市民とジャーナリストの連帯の重要性を強調しました。

講演の後、参加者との質疑。続いて市民連合あおもりから沖縄県知事選への応援に行った奥村榮さんの現地報告、最後に大竹進共同代表が来年7月の参議院議員選挙の際、衆議院議員選挙、憲法改正国民投票のトリプル選挙の同時実施の可能性、さらに4月の地方選挙、6月の青森知事選挙に向けた市民と野党の協力・共同の意義が強調され、講演会を終えました。なお、参加者は約百名、カンパ金は4万4,585円でした。全体の司会は遠藤順子共同代表が務めました。

この講演の翌日30日夜、沖縄県知事選挙において辺野古新基地撤回を訴える玉城デニー氏の勝利、また10月2日は第四次安倍改造内閣の発足でしたが、メディアは前者は小さく、後者は異常に大きな取り扱いでした。特に、NHKの安倍政権への忖度は見過ごせない状態にまで達していると思います。青森県内でマスコミ問題の講演会開催の機会は少なく、今回の永田講演会はマスコミに慣らされないためにも時宜を得た企画と言えたでしょう。永田教授の著書として、編著『フェイクと憎悪』(大月書店)、『NHKと政治権力』(岩波現代文庫)、『MHKが危ない!』(共著、あけび書房)、『NHK番組改変事件』(かもがわ出版)などがあります(文責 神田健策)。

玉城デニー沖縄県新知事誕生に関する市民連合あおもりのコメント

2018年10月1日

9月30日、沖縄県名護市辺野古のアメリカ軍新基地建設の是非が大きな争点となった県知事選挙が行われ、8月8日に急逝した翁長雄志前県知事の新基地反対を継承する玉城デニー候補が県知事選挙史上最高の39万6,632票を得て当選しました。安倍政権が全面支援し、自民、公明、維新、希望推薦の佐喜間淳前宜野湾市長に8万174票差をつける圧勝となりました。沖縄県民は前回の翁長知事誕生に続いて、連続して新基地反対の圧倒的民意を示しました。私たち市民連合あおもりは、この沖縄県民の確固とした意思表明に心から賛意を表すとともに沖縄に米軍基地を押しつける安倍政治に対して沖縄県民の民意を尊重することを要求します。

この選挙結果を受けて安倍首相は1日「選挙の結果は政府としては真摯(しんし)に受け止め、今後、沖縄の振興、基地負担の軽減に努める」と首相官邸で記者団に語りました。安倍首相はこれまでに何か問題がおきると「真摯に受けとめる」とか「丁寧に説明する」を繰り返してきましたが、ただ聞き流すだけの「辺野古基地建設は変わらない」ことを前提とした対応をすることに他なりません。「森友・加計問題」でも同様でした。

今回の選挙において佐喜真陣営は、県民を力ずくで押しつぶそうと、人も金も大量につぎこみ、菅官房長官や小泉進次郎議員や小池百合子東京都知事などの著名人、さらに公明党・創価学会の幹部(原田稔会長)を大量に投入して、今年1月の名護市選挙において効力を発揮したと言われる期日前投票動員戦略を実施しました。また、最大争点の辺野古新基地建設の是非は隠して、「国との対話と経済振興」を前面に出した争点隠しの選挙戦を続けましたが、多くの県民を力ずくで押しつぶすことできませんでした。

特に9月22日の玉城デニー「うまんちゅ」集会では、翁長前知事の妻・樹子さんが「政府の権力を全て行使して、私たち沖縄県民をまるで愚弄するように押しつぶそうとする。何ですかこれは」と涙と怒りをこめて訴えました。その言葉は、これまで沖縄振興予算などで揺さぶりをかけ米軍基地を押しつけ、県民の命とくらしを踏みにじってきた歴代自民党政府、そして今回の安倍政権・与党総がかり、力ずくでの押しつけに対する強い怒りと、それに共感する県民を代表する発言でした。「沖縄のことは沖縄が決める」という「民主主義・地方自治」への攻撃に対する強い抵抗と、「平和」を危機にさらす辺野古新基地拒否が世論調査で7割という圧倒的な県民の願いが、無党派7割、公明3割、自民2割の支持を生み出し、「オール沖縄」勢力の結束を示し、玉城デニー新知事を誕生させました。

市民連合あおもりは投票日前日の29日、「市民連合あおもり発足記念講演会」を開催し、青森県内全野党の挨拶を頂くともに市民と野党の結束を呼びかけました。今回の沖縄県民の勝利は、米軍基地、原発関連施設を多く有する青森県の将来を考える際にも多くの示唆を与えています。私たちも「民主主義と平和」を願う沖縄県民の闘いに学んで進む決意です。以上。

沖縄県知事選挙、玉城デニー候補の支援に行く

奥村 榮

9月18日から21日まで、「市民連合あおもり」会員として玉城デニー支援に沖縄へ行く。気温32度、ただ暑いだけではなく、ジリジリとした焦げるような日差しが連日続いた。

那覇市の中心通りには、朝から、相手「さきま」陣営数十人が道路両側に顔写真が印刷されたのぼりを持って立ち並ぶ。その宣伝に圧倒される。だが、8時過ぎなると全員いなくなる。通勤前に「動員」されて来ていることがよく分かる。

朝8時から、通勤通学の人たち・車に「玉城デニー」応援のぼりを片手に、懸命に手を振る1時間弱だが肘と肩が痛む。全戸チラシまき部隊とハンドマイク・街頭宣伝車での宣伝部隊に分かれての活動。私は、午前と午後ハンドマイクと街宣車での訴えを行う。少し歩くだけで頭から汗が噴き出る。

告示後にもかかわらず、ハンドマイク・街宣車での宣伝や顔写真入り名刺配布が堂々とできる。戸別訪問も黙認されているとのことである。同じ公職選挙法が適用されているが、沖縄の戦後の闘いの歴史が「当たり前の選挙活動」を許しているのだろう。夕方5時からは再び中心通りでののぼりを持っての手ふりを6時頃まで行う。朝8時から夕方6時までの応援活動が連日続く。

宣伝カーでの街頭宣伝では、最初原稿を読んでいたが、迫力が出ない。すぐにノー原稿でマイクを握る。これまでも演説を何度も何度もしてきたが、何としても「玉城デニー勝利を!」という思いは、渾身の訴えとなっていった。沖縄県民の思いと願い、全国からボランティアで駆け付け必死に応援する人たちの姿に、訴えながら涙が出てくる。

作っていただいた「市民連合あおもり」の名刺は、拠点となった沖縄県労連事務所で、選対幹部や全国から駆け付けてきた応援ボランティアの人たちに配布して回った。どれだけの効果があるかは分からないが、青森県にも「市民連合」が存在することは、知ってもらえたのではないか。

 

「安倍晋三君にお灸をすえてください」

「安倍晋三君にお灸をすえてください」
市民連合あおもり 世話人 大竹進(整形外科医)

市民連合あおもりは、「立憲3野党と無所属でなんとか1/3以上の議席を確保したい」と活動しています。そのためには議席の倍増が必要です。自公・希望支持者の皆さんの中で「自民の一人勝ちは避けたい」「安倍さんにお灸をすえたい」と思っている方は「比例は立憲三野党へ」お願いします。

「立憲野党の議席倍増なんてできるの?」という人もいますが、日本中で今何かが起こっています。各政党のツイッターのフォロワーは、立憲民主党が18万1千、共産党が3万9千、社民党が2万2千と3野党とも急激に伸びています。若い人たちを中心に何かが起こっていることは確実です。ひょっとしたらひょっとします。あと3日間ですが、立憲3野党へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

今回の選挙は、「3極対決」ではなく「2極対決」です。「独裁か民主主義か」が問われています。「友達だけを優遇する」男の独裁者も「排除しリセットが好きな」女の独裁者もいりません。棄権は独裁者への白紙委任状です。投票に行きましょう。比例区では立憲3野党に投票しましょう。

2極対決、もう一つの切り口は「戦争か平和か」です。一夜にして政党ができ、一夜に政党がなくなる異常事態は過去にもありました。「国難突破」「政党の解党」「労働組合の再編」が次々起こったのは今回が初めてではありません。80年前、1937年の日本で「国難突破」という言葉が氾濫していました。政党の解党、労働組合の再編も相次いで起こり「大政翼賛会」が出来上がり、1941年には太平洋戦争へと突入しました。現在の日本は80年前の戦争前夜と酷似しています。「国難突破」「大政翼賛会」という言葉でググってください。そして、歴史に学んで「平和の道」を選んでくださ
い。

まだ迷っている方、迷わせているのは「希望の党」です。「希望の党」を外して選択すれば話は簡単です。市民連合あおもりは「希望の党」は支持しません。
その理由の一つは政党交付金の問題です。前原代表は「政治資金を配ったうえで、政策も決まらない希望の党に合流」しました。有権者・市民から見れば「振り込め詐欺」「やるやる詐欺」です。「資金の山分けと解党」が合法だといわれても納得できません。出どこが私たちの血税です。選挙できっちり市民の底力を示すことを訴えます。棄権しないで投票所に足を運んでください。「希望の党」に入れようか迷っている人は、立憲3野党にお願いいたします。

10.15、16日の応援

15日午前は、立憲民主党の街宣(五所川原、浪岡、弘前)、午後は共産党の街宣@弘前に参加後、社民党の街宣@野辺地町でした。

世話人の大竹進は16日も社民党比例区カーで支持を訴えました。